上田晋也のニッポンの過去問

99view

今回は、日本で発明されたドラッグ「覚醒剤」についてです。

放送日
2016年08月03日(水)

出典:http://jp.pandora.tv/

番組内容

昨今、有名元スポーツ選手や元芸能人などの濫用で、大いに世間を騒がせた覚醒剤ですが、覚醒剤が最初に発明されたのは、ほかならぬこの日本でした。戦前の日本では、この「覚醒(目が醒める)剤」という名称が表すとおり「疲労回復」「能率向上」などのために使われていたのです。当時、覚醒剤は合法。広告には「頭脳が明晰になる!」「集中力が昂進!」などとうたわれ、時局柄「戦意昂揚」などのためにもさかんに使用されました。
それはいわば戦前戦中の一種の「国策」でした。その最もメジャーな製品が「ヒロポン」です。ヒロポンは、普通の薬局で、普通に売られ、受験生なども使っていたといいます。ところが、戦争が終わり、軍からヒロポンが闇に(しかも大量に)放出されると、日本中で依存症が大問題となります。いわゆる「ポン中(ヒロポン中毒)」の蔓延です。
1951年、国は覚醒剤取締法を制定、覚醒剤の一切の製造、販売、使用を禁じます(医療用を除く)。しかし、その後、覚醒剤は海外で生産され、ひそかに日本に持ち込まれ、暴力団の資金源などになっていくのです。「覚醒剤やめますか?それとも人間やめますか?」の有名なCMが流れたのは、そのさなか、1983年のことでした。
現代は、危険ドラッグの時代へ。覚醒剤は手を変え品を変え、相変わらず裏社会に出回り、使用者の人生を破滅に導いています。現代では誰が使っているのか(意外な人物像です)。 そして、覚醒剤を根絶するにはどうしたらいいのか。元厚生労働省麻薬取締官・高濱良次さんをお招きし、覚醒剤の歴史と現実、そして、対応策を語っていただきます。
上田晋也(くりぃむしちゅー) ほか
高知東生 清原和博 ASKA 酒井法子
番組内容や出演者などは都合により変更となる場合があります。

出演者

出演者から番組を探す

番組カテゴリ

番組カテゴリから番組を探す

関連番組

この番組も人気です♪

くりぃむナンタラ

  • クイズ!アイナ・ジ・エンドが考え
  • 66view

しゃべくり007

  • ネプチューン・くりぃむしちゅー・
  • 895view

有田ジェネレーション

  • 研究生がレギュラー昇格のため有ジ
  • 762view

おしゃれイズム

  • 春の美女SP!水川あさみ&乃木坂
  • 1,040view

この番組の出演者に関連するアイテム

  • 関根勤・くりぃむしちゅープレゼンツ!! CGなんかでお笑いを目指しちゃう人のための傾向と対策
    関根勤・くりぃむしちゅープレゼ...
  • ソフトくりぃむ Vol.チョコ
    ソフトくりぃむ Vol.チョコ
  • ソフトくりぃむ Vol.バニラ
    ソフトくりぃむ Vol.バニラ
  • くりぃむナントカ Vol.2
    くりぃむナントカ Vol.2
  • くりぃむナントカ Vol.グー
    くりぃむナントカ Vol.グー

この番組が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします